第37期6回研究会「SNS情報のマスメディアでの利活用」(ネットワーク社会研究部会企画) 上智大学メディア・ジャーナリズム研究所 共催研究会 A Study on Use of SNS Information in Mass Media

「SNS情報のマスメディアでの利活用」

日時:2020年10月1日(木)18:30~20:30

方法:Zoomによるオンライン開催

問題提起者:村上建治郎(株式会社Spectee代表取締役)

討論者:福長秀彦(NHK放送文化研究所)

司会者:音好宏(上智大学)

趣旨:

 スマートフォンの普及は主に空間的制約を開放し、SNSへの写真や動画の投稿などといった人々の情報発信を活性化させたと考えられる。SNSに投稿される情報には一部に誤情報や虚偽情報が含まれているものの、災害や事故などの情報をいち早く入手できることなどから、放送や新聞といったマスメディアもSNS上の情報を活用する状況にある。

 本研究会では、SNS上の膨大な情報をマスメディアがどう利活用するのか、SNS上で拡散するフェイクニュースに対するマスメディアの打ち消し報道を含めて議論したい。まず、情報解析会社である株式会社Specteeの村上建治郎代表取締役に最新のAI技術を用いたSNS上の情報の解析の現状、また、具体的事例として昨今の新型コロナウイルス感染拡大に関連して拡散したフェイクニュースの解析結果などについて報告いただく。このうえで打ち消し報道を研究するNHK放送文化研究所の福長秀彦氏に討論者として参加いただき、議論を深めたい。

株式会社Spectee

SNS上の情報を、AI技術をベースとした画像解析や自然言語解析をもとに重要性や真偽、発生場所を判断して報道機関などに配信している情報解析会社。

参加方法:

Zoomで開催予定です。参加をご希望の方は、9月28日(月)17時までにネットワーク社会研究部会・佐藤宛 t-sato@j-ba.or.jp に氏名・所属をご連絡ください。前日(9月30日)17時までに送信元のメールアドレス宛にZoomへの接続情報などをご案内します(未着の場合は佐藤までご一報ください)。