学会のあゆみ History

日本新聞学会(現:日本マス・コミュニケーション学会)は、1951(昭和26年)6月16日、朝日新聞東京本社講堂で創立総会および発会式をあげ、創立されました。

創立総会で承認された学会の目的(学会規約第3条)は、「ジャーナリズムに関する研究、調査ならびにその研究者相互の協力を促進し、併せて外国の学界との連絡を図り、以て我が国文化の向上に貢献すること」でした。学会の英訳名は当初、Journalism Society of Japanと定められました。

学会が創立した1951(昭和26)年の秋、同志社大学で記念講演会を開催して、関西でも学会創立の披露をしました。学会誌『新聞学評論』(現:『マス・コミュニケーション研究』)は、1952(昭和27)年3月31日に創刊されました。

研究発表会(現:大会)が初めて開催されたのは、翌1952(昭和27)年の秋、日本大学のことでした。それ以来、現在まで春と秋の年2回、大会が開催されてきました。ただし1964(昭和39)年の秋は、東京オリンピックの影響で開催を見合わせています。また、2020(令和2)年の春は、新型コロナウィルス感染拡大の影響で開催を中止し、その一部を試行的にオンライン開催としました。

年2回の研究発表会では、1958(昭和33)年の春に「シンポジウム」、1982(昭和57)年の春に「ワークショップ」が初めて開催されました。また、1985(昭和60)年からは、継続的な研究発表の場を確保することを目的として、「研究会」が開催されるようになりました。

1963(昭和38)年、学会の目的(学会規約第3条)が、「新聞・放送・映画・雑誌等ジャーナリズムおよびマス・コミュニケーションに関する研究、調査ならびにその研究者相互の協力を促進し、併せて外国の学界との連絡を図り、以て我が国文化の向上に貢献すること」に改められました。

これにともない、学会の英語名称がJapan Society for Journalism and Mass Communicationsに改められました。さらに1966(昭和41)年、The Japan Society for Studies in Journalism and Mass Communicationsに改称され、現在に至っています。

1990(平成2)年度から、年2回の大会を担当する「企画委員会」と、日常的な研究活動を担当する「研究活動委員会」を設け、研究活動委員会のもとに「研究部会」を設置することになりました。当初は「理論研究部会」「ジャーナリズム研究部会」「放送研究部会」の3部会が設置されました。

日本新聞学会は1991(平成3)年6月1日付で、日本マス・コミュニケーション学会に改称されました。それにともなって1993(平成5)年、『新聞学評論』が『日本マス・コミュニケーション研究』に改題されました。

また、2001(平成13)年には「日本マス・コミュニケーション学会優秀論文賞」、2007(平成19)年には「内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞」が創設され、会員が執筆した優れた論文や書籍を顕彰しています。