学会の概要 About JSSJMC

日本マス・コミュニケーション学会は、旧名称である日本新聞学会の設立(1951年)以来、マス・コミュニケーション研究の発展に努力してきました。日本のマス・コミュニケーション研究は高度に発展しましたが、マス・コミュニケーション現象の多様性や広汎性を考えると、さまざまな研究領域からの多角的なアプローチが不可欠です。

さまざまなニューメディアの登場とともに情報化社会の到来が謳われ、さらにデジタル化やネットワーク化といった潮流によって、マス・コミュニケーション現象はますます複雑化しています。そこで本学会はこれまで、その多角的研究の発展に寄与するために、開かれた学会であることを目指してきました。多様な研究関心や問題意識を持つみなさんに、自由にご参加いただきたいと思っています。

日本マス・コミュニケーション学会は現在、次のような活動をおこなっています。

  1. 大会の開催(春季と秋季)
  2. 研究会の開催(年15回程度)
  3. 学会機関誌『マス・コミュニケーション研究』の発行(年2回)
  4. 日韓シンポジウムの開催
  5. 学会賞の運営
  6. その他

Since its founding in 1951 under its former name, “Journalism Society of Japan,” the Japan Society for Studies in Journalism and Mass Communication has worked toward the development of mass communication studies. Japanese research in mass communications has advanced considerably, but the diversity and pervasiveness of the mass communications phenomenon has made a multifaceted approach from a variety of research fields indispensable.

The appearance of a variety of new media ushered in the information age, and with the subsequent advent of digitization and networking, mass communications have become increasingly complex. Thus, JSSJMC has aimed to hold academic conferences to contribute to the development of multifaceted research in the field. We invite the liberally participation of those with a variety of research interests and perspectives.

Activities JSSJMC is currently engaging:

  1. Academic conferences (Spring and Autumn)
  2. Research seminars (approx. 15 times per year)
  3. Publication of the academic journal the Journal of Mass Communications Studies (twice per year)
  4. The Japan-Korea Symposium
  5. Awards
  6. Other

学会の運営体制(第38期 2021-2022年度)

(氏名は50音順、◎は委員長・部会長、所属は2021年度時点)

1. 理事の役割分担・監事・事務局幹事

会長 伊藤守(早稲田大学)      
総務担当 飯田豊(立命館大学)
 石田佐恵子(大阪市立大学)
渉外担当  石田佐恵子(大阪市立大学)
企画委員会担当 烏谷昌幸(慶應義塾大学)
 辻大介(大阪大学)
◎土屋礼子(早稲田大学)
編集委員会担当 税所玲子(日本放送協会)
◎田中東子(大妻女子大学)
 山腰修三(慶應義塾大学)
国際委員会担当 石田佐恵子(大阪市立大学)
◎黄盛彬(立教大学)
研究活動委員会担当 河崎吉紀(同志社大学)
 津田正太郎(法政大学)
◎毛利嘉孝(東京藝術大学)
・理論研究部会担当◎津田正太郎(法政大学)
 毛利嘉孝(東京藝術大学)
・ジャーナリズム研究・
 教育部会担当
 金平茂紀(TBS)
◎澤康臣(専修大学)
 高木強(日本新聞協会)
・放送研究部会担当◎丹羽美之(東京大学)
 渡邊久哲(上智大学)
・メディア史研究部会担当 井川充雄(立教大学)
◎河崎吉紀(同志社大学)
・メディア倫理法制研究部会担当 本間謙介(日本民間放送連盟)
◎山田健太(専修大学)
・メディア文化研究部会担当◎谷本奈穂(関西大学)
 難波功士(関西学院大学)
・ネットワーク社会研究部会担当※伊藤昌亮(成蹊大学)
監事 石田あゆう(桃山学院大学)
 辻泉(中央大学)
事務局幹事 大尾侑子(桃山学院大学)
 萇穎(早稲田大学)
 日高良祐(東京都立大学)
 松井広志(愛知淑徳大学)
                          監事および※の部会長は、理事以外の会員から選出。

2. 委員会・部会の構成

後日、公開します。

理事会の開催日程

>> 理事会の開催日程

第38期理事会の議事録

>> 後日、公開します。

過去の理事会の運営体制・議事録

>> 第37期理事会の運営体制・議事録

規約・細則など

>> 日本マス・コミュニケーション学会規約(PDF)

>> 内規・細則など(PDF)