内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞 Uchikawa Yoshimi Memorial Prize

同賞は、日本マス・コミュニケーション学会の理事・会長を務められた故内川芳美名誉会員(東京大学名誉教授)の寄贈を原資とする「内川芳美基金」(以下、「基金」)の事業のひとつです。

「基金」は2006年に設立され、言論の自由、平和、非暴力を希求する故人の遺志に基づき、以下の事業を行っています。運営は、内川芳美基金運営委員会が行っています。

(1) 内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞(隔年)
(2) 海外学会・研究者等との国際交流事業
(3) その他、故人の遺志にかなう事業

第7回受賞者(2019年度)

該当者なし

第6回受賞者(2017年度)

大澤聡  『批評メディア論:戦前期日本の論壇と文壇』(岩波書店、2015年)
津田正太郎『ナショナリズムとマスメディア:連帯と排除の相克』(勁草書房、2016年)

第5回受賞者(2015年度)

千葉悠志  『現代アラブ・メディア:越境するラジオから衛星テレビへ』(ナカニシヤ出版、2014年)
畑仲哲雄『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』(勁草書房、2014年)

第4回受賞者(2013年度)

林香里   『〈オンナ・コドモ〉のジャーナリズム:ケアの倫理とともに』(岩波書店、2011年)
水野剛也『「敵国語」ジャーナリズム:日米開戦とアメリカの日本語新聞』(春風社、2011年)
山腰修三『コミュニケーションの政治社会学:メディア言説・ヘゲモニー・民主主義』(ミネルヴァ書房、2012年)

第3回受賞者(2011年度)

柳澤伸司『新聞教育の原点』(世界思想社、2009年)
山口いつ子『情報法の構造:情報の自由・規制・保護』(東京大学出版会、2010年)

第2回受賞者(2009年度)

井川充雄 『戦後新興紙とGHQ:新聞用紙をめぐる攻防』(世界思想社、2008年)
藤田結子『文化移民:越境する日本の若者とメディア』(新曜社、2008年)

第1回受賞者(2007年度)

永嶺重敏  『怪盗ジゴマと活動写真の時代』(新潮社、2006年)
福間良明『「反戦」のメディア史:戦後日本における世論と輿論の拮抗』(世界思想社、2006年)
藤田真文『ギフト、再配達:テレビ・テクスト分析入門』(せりか書房、2006年)