11月14日開催 第37期第7回研究会「近藤和都著『映画館と観客のメディア論 戦前期日本の「映画を読む/書く」という経験』(2020年2月青弓社)書評会」(メディア文化部会) A Book Review of Kondo Kazuto's Redefining Screen Experiences: Reading/Writing Practices of Spectators during the Prewar Period in Japan ( Eigakan to Kankyaku no Mediaron, 2020)

近藤和都著『映画館と観客のメディア論 戦前期日本の「映画を読む/書く」という経験』(2020年2月青弓社)書評会

日時 :2020年11月14日(土曜)午後4時から

方法 :オンライン開催

書評者:大久保遼(明治学院大学)

応答者:近藤和都(大東文化大学)

司 会 :石田万実(同志社大学嘱託講師)

趣旨:

映像文化研究はメディア学の重要な研究分野のひとつである。本研究会では、近藤和都『映画館と観客のメディア論 戦前期日本の「映画を読む/書く」という経験』の書評会を通して、映画館がオーディエンスに与えた経験の意味を歴史的、社会的背景とともに考えたい。

同書は、戦前期日本における映画館での観客の体験を、プログラム記事や映画批評等の言語情報の関わりとともに論じており、映画学の分野でなされてきた監督、作品研究とは異なる視点からの、メディア横断的な独創的研究成果である。

書評者に、メディア論、映像文化史のご専門である大久保遼先生(明治学院大学)をお迎えし、ご専門の知見から書評をいただくことで本書への理解を深め、著者、出席者をまじえて討論することで、近代日本における映像メディアとオーディエンスの関係について議論を深めたい。

●申込み方法●zoomで開催予定です。参加をご希望の方は、前日(11月13日)午後9時までに佐伯宛  jsaeki@mail.doshisha.ac.jp にご連絡ください。